千葉ロッテピンバッジ887・888・889

選手だと、バッターボックスでの立ち振る舞いや、投げ方、プレースタイルなどなど
それなりの特徴があって、
岡田選手と言えば守備

みたいに、その特徴をピンバッジにデザイン化されることが多いです。


実際に試合でプレーしない監督になると、顔や体形に特徴があれどなかなかデザインは読みにくいです。
なので、今年はどんなデザインになるのかなっていう楽しみがあります。

スタジアム・グランドの中心に【伊東監督】あり

漢字を使い正直地味なデザインだと思いますが、解りやすくシンプルで良いと思います。



ここ数年ルーキーの選手達のピンバッジも配布されるようになりました。
このピンバッジ、選手の名前を再確認する上でも便利です。

過去に配布したルーキーピンバッジを振り返ってみると
2009年 ・ 2012年

星型に選手の名前が書かれてたり、カモメが羽ばたいている中に選手の名前が書かれてたりと
今後の飛躍に期待したデザインになっています。

今年はデザインを一新し短冊っぽいテイストのデザインに。
カラーリングも爽やかなブルーとグリーンを使用し個人的には今までで一番好みなピンバッジです。

来年は4枚の短冊とは言わずに、扇になるくらい有望な選手を沢山獲得してもらいたいものですね。




・伊東監督
DSC04098.jpg
*3月31日配布



・2013ルーキー
DSC04536.jpg
*5月22日配布



・岡田
DSC04947.jpg
*7月15日配布




2013年:監督 / ルーキー / 選手(1)
スポンサーサイト

千葉ロッテピンバッジ890・891・892

野球の打つほうの華と言えば、ホームラン だと思います。

そんな華のホームランを、毎年二桁打てるバッターは限られてきます。

生れもった体形に、練習による筋力アップ。
勿論これだけの要素でホームランを打てるわけではないのでしょうけど、
この2つはホームランバッターの必修条件になってくるでしょう。

そんなホームランバッターの3選手up


パワーを表すデザインは腕っぷしを表すデザインが多くなっています。

GG佐藤選手の強靭な腕2本デザインは、「キモティー」ならぬ「キモティワルー」 な雰囲気。
まぁ元々「キモティワルー」なコメントを、本人が「キモティー」と言ってるんだから、「らしい」デザインかと。

ホームランバッター=大砲
と言われることからの、大松選手の大砲デザインは、マリオ的で可愛いですね。



・G.G.佐藤
DSC04253.jpg
*5月8日配布



・ホワイトセル
DSC04534.jpg
*5月31日配布



・大松
DSC04685.jpg
*7月30日配布




2013年:選手(2)
プロフィール

shiberiya a.k.aマリ☆ピン

Author:shiberiya a.k.aマリ☆ピン
書庫
集めてみて書いてみたから、
ココに保存。

掲載中の写真は無断転載禁止。SNS使用等もご遠慮下さい。
写真使用の場合はPCモードからメールフォームよりご連絡を。

カテゴリ/月別は古い順に閲覧。
検索フォームはブログ内設定。
ごく稀に更新

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
カウンター