スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉ロッテピンバッジ657・658・659・660・661

1999年度のピンバッジ 5つup

この年、小宮山選手最終年(一時)

FA使っての移籍では無く、自由契約っていう名目の実質戦力外で横浜入り。
横浜で2年間やってニューヨークメッツ。そしてまた千葉ロッテマリーンズに帰ってくる事になるのですが、
その為小宮山選手のピンバッジも一時終了を向かえました。

小宮山投手の代名詞サングラスがデザインされ渋い感じに仕上がっています。


$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

無類の柏レイソルサポーターとしても有名ですので、レイソル絡みのピンバッジがあっても良かったですね。


また、吉田選手は戦闘機好きからのデザインもなかなかカッコイイです。





・11.竹清剛治
DSC05752.jpg






・12.藤田宗一
DSC05753.jpg






・13.吉田篤史
DSC05754.jpg






・14.小宮山悟
DSC05756.jpg






・17.武藤潤一郎
DSC05757.jpg






1999年:選手(3)

スポンサーサイト

千葉ロッテピンバッジ662・663・664・665・666

1999年度のピンバッジ 5つup

成本選手のピンバッジは鳳凰が描かれ、まるで一枚の絵画のようです。

立川選手のは、いかにもプロ野球選手のピンバッジっぽいデザインで好感が持てますね。


$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

そして最近、ツイッターもやってる 大塚選手

この年、背番号65から23へ変更し、ほぼ3番固定になりブレイクしました。
出場数も1998年の5試合から、107試合へと驚異的にアップ。

そんな大塚選手の初めてのピンバッジになります。





・19.成本年秀
DSC05758.jpg






・20.藪田安彦
DSC05759.jpg






・21.平井光親
DSC05760.jpg






・23.大塚明
DSC05761.jpg






・24.立川隆史
DSC05762.jpg






1999年:選手(4)

千葉ロッテピンバッジ667・668・669・670・671

1999年度のピンバッジ 5つup

この年、園川投手 現役最終年でした。

在籍14年間で、76勝115敗2セーブ

あの伝説な 10.19 でも先発したり、はたまたイチロー選手に年間200安打目を打たれたりと、
節目節目で様々な輝きを放ちました。





園川選手の最後のピンバッジは、
まだまだ燃えているんだぞと言わんばかりの真っ赤なカラーリングとなっています。





・25.松本尚樹
DSC05763.jpg






・27.河本育之
DSC05764.jpg






・28.園川一美
DSC05765.jpg






・30.小林雅英
DSC05766.jpg






・32.山本保司
DSC05767.jpg






1999年:選手(5)

千葉ロッテピンバッジ672・673・674・675・676

1999年度のピンバッジ 5つup

この年の抑えと言ったら、ウォーレン投手。

色々問題児ではあったけど、
気迫溢れるピッチングで打者や相手チームの監督をキリキリ舞にさせ、
この年の最優秀救援投手賞も獲得しました。

そんなウォーレン投手のピンバッジは、アメリカ一色な感じに仕上がっています。
真ん中のアメリカ国旗が縦長に置かれ、まるで中指を立てるかのように配置されています(おっと失礼)





・43.ウォーレン
DSC05768.jpg






・44.吉鶴憲治
DSC05769.jpg






・47.磯恒之
DSC05770.jpg






・54.黒木知宏
DSC05771.jpg






・55.大村巌
DSC05772.jpg






1999年:選手(6)

千葉ロッテピンバッジ677・678・679・680

1999年度のピンバッジ 4つup

この年、山本功児政権元年
【For the Team】 を掲げた1999年は、
63勝70敗2引き分け 借金7の4位でシーズン終了となりました。

結果からみればいつものような結果ですが、見所を随所に創ることには成功したと思います。

ジョニー初の開幕投手でスタートし開幕3連敗。迎えた4戦目対ダイエー戦で22-2の大勝で初勝利。
その後、6月末まで5割をキープし、
7月7日東京ドームで行われた対日ハム戦に、5-4で勝利し、7月以降18年ぶりに首位奪取。
そんな今でも語り継がれる「七夕の奇跡」なんてのもあった印象に残る年度だったと思います。





そんな山本監督初のピンバッジは、マリーンズの名の通り海を意識させたピンバッジとなっています。


そして今回upした中で、面白いのが 【雨の日ピンバッジ】
諸積選手と松本選手のWネームピンバッジです。

両選手とも雨で試合中止になった際、
ファンサービスの一環でヘッドスライディングを行っていてそれが人気だったため
ついにピンバッジ化です。
今まで配布された中でもかなり変わり種のピンバッジで好きなピンバッジです。





・56.後藤利幸
DSC05773.jpg






・57.佐藤幸彦
DSC05774.jpg






・86.山本功児 監督
DSC05775.jpg






・雨の日(諸積・松本)
DSC05778.jpg






1999年:選手(7) / 監督 / 雨の日

千葉ロッテピンバッジ681・682・683

1999年度のピンバッジ タイトル記念系3つup

タイトル記念系のピンバッジは、獲得した選手のファンでしたら持っときたいピンバッジだと思います。

自分は、黒木投手・小坂選手共にファンだったため是が非でも押さえときたかったピンバッジでした。
特にジョニーの最多勝獲得記念のは・・・

同時に最高勝率も獲得してるんです。
記憶では無く記録に残る唯一の栄冠が、形になって残ってるのはファンとして嬉しい限りです。
史上最低13勝でのタイトル獲得なんですが、称号は得たことに意味があると思っています。

*ジョニーが獲得以降、マリーンズで最多勝のタイトルホルダー2011年現在未だ現れていません。





・初芝 150号HR記念
DSC05776.jpg






・小坂誠 盗塁王獲得記念
DSC05779.jpg






・黒木知宏 最多勝利投手獲得記念
DSC05780.jpg






1999年:記念 / タイトル

千葉ロッテピンバッジ684・685・686・687

1999年度のピンバッジ 家族会員・来場記念4つup

この年の来場記念は、15回までとなっています。
15回来場で、ケース付きのシリアルナンバーも入ってるピンバッジが配布されていました。

今とは全然違う良いピンバッジ環境でしたね。


5回来場記念は、 2008年のスタンプラリー のとほぼ同じ、Mロゴデザインです。
あえて比べてみるなら、2008年のは艶アリで、1999年のは艶ナシ ですかね。





・家族会員 マーくん
DSC05781.jpg






・5回来場記念
DSC05782.jpg






・10回来場記念
DSC05783.jpg






・15回来場記念
99raijyou15.jpg






1999年:家族会員 / 来場記念

千葉ロッテピンバッジ688

1999年度のピンバッジ ビジター応援デー1つup

この年から、ビジター球場(西武・大阪・福岡)と地方(仙台2種・秋田・福井)
と、細かく種類分けをされたピンバッジを配布することとなりました。

そこのピンバッジが欲しければ、
ロッテを応援にその場所まで行かなければ貰えないという少々手間がかかるピンバッジです。

そんな中から所持しています、西武ドーム版のピンバッジをupです。





・ビジター西武ドーム
DSC05784.jpg



1999年:ビジター応援デー

千葉ロッテピンバッジ689

1999年 『千葉ロッテマリーンズ球団50年史』 なる本が発売されました。

ジェフ千葉ロッテでどうでしょう
発行:1999年10月23日
販売元:㈱スリーライト
定価:3800円

そこに、予約特典としてマリーンズ公認ピンバッジが付属されました。


50th MEMORIAL と表して
カモメのペットマークに1950-1999の年号入り。
記念だけあって、ちょっと他のモノよりかは立派な感じにし大きめなサイズです。
(裏側には1999 MARINESと公式印入り)


ちなみにですが本の内容は、なんか社史っぽい感じでした。
年齢的に知らなかった毎日オリオンズや東京オリオンズなんていう情報も多く記載されていて
球団の歴史を感じる事ができる一冊になっています。




DSC05788.jpg



1999年:千葉ロッテマリーンズ球団創立50周年記念

千葉ロッテピンバッジ690

1998年度のピンバッジをupしていこうと思います。

とわ言うものの、残念ながらほとんど所持していないので、飛ばし飛ばし up していこうと思います。


1998年度のチーム成績は、

【61勝71敗3分け 勝率.462】 で、残念ながらブッチギリの最下位となってしまいました。
また最下位以上に、あの「18連敗」と「もっと強いチームで監督をやりたかった」っていうのが印象に残る年です。


そんな中、個人的に大好きな選手がキャプテンとして復帰しました。
「ヒロオカが辞めたら帰ってくる」 の言葉通りに、1998年あのフリオ・フランコが日本球界に復帰。
(実は、球団から販売してた<サイン色紙>を唯一購入した選手なんです)

そんなキャプテン・フランコさんを、ロッテの関連企業がほっとくわけも無く、
店舗限定ですがロッテリアとのコラボで、ハンバーガー購入に1つピンバッジをプレゼント。



1998julio.jpg


ジェフ千葉ロッテでどうでしょう


ピンの裏側に、【LOTTERIA】 の文字が面白いですね。



1998年:ロッテリア×フリオ・フランコ



にほんブログ村 コレクションブログ バッジ・ピンバッジへ
にほんブログ村


【おまけ】

「1998年ピンバッジシール」
$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

こんなのも商品化されてたよね~懐かしい~

千葉ロッテピンバッジ691・692・693・694・695

1998年度のピンバッジを続けていきますが、とびとびでスミマセン。
(この年のは、来場で貰ったものは無く全部交換で得たものばかりなんです)

個人的な感想ですが、この年1998年からピンバッジのデザインがグッと良くなったように思えます。
なので1998年度のは集めるだけ集めてみたいと思ってる次第です。

そして今回upする5個は、
スカウトの松本選手に諸積選手、吉田選手と薮田選手。
そして地元千葉出身の今は生命保険業をやっているという澤井選手の5個になります。





・0.諸積兼司
19980.jpg






・10.澤井良輔
199810.jpg






・13.吉田篤史
199813.jpg






・20.藪田安彦
199820.jpg






・25.松本尚樹
199825.jpg






1998年:選手(1)

千葉ロッテピンバッジ696・697・698・699・700

大村巌選手 のピンバッジは毎回楽しませてくれます。
自分自身でデザインを行い、今回のピンバッジは【雪だるま】でした。(さすが稚内出身)

その後の巌選手のピンバッジデザインは、

1999年、第55巌丸
2000年、健康祈願お守り
2001年、自画像
2002年、オリオン(ズ)座
そして2003年、55Tシャツ(自分は干されてますという意味だそうです泣)

2003年の現役引退の年まで、ピンバッジのデザインは自分自身で行いました。

こういうのは、全部集めたくなってしまうピンバッジですよね。





・29.近藤芳久
199829.jpg






・33.橋本将
199833.jpg






・54.黒木知宏
199854.jpg






・55.大村巌
199855.jpg






・ビジター用
1998bijita-.jpg






1998年:選手(2)/ ビジター用

千葉ロッテピンバッジ701・702・703・704・705

引き続き1998年度のピンバッジ 5個up

この年の来場記念ピンバッジはペットマークでした。

ペットマークって昔はよく耳にしましたけど、今はあんまり聞かなくなりましたね。
(ちなみに、ペットマークとはスポーツチームにおいてシンボルとなるマークの事)
マリーンズロゴのピンバッジはいくつかあるのですが、このペットマークは無かったのでお気に入りのピンバッジです。
またこの年から、来場記念ピンバッジに【15回記念】ピンバッジが追加されました。


そして、家族会員ピンバッジは、ズーちゃん。
その家族会員のズーちゃんとは別の、通常配布ピンバッジにもズーちゃんがあります。
ズーちゃんのイラスト自体は同じなので、区別付き難いピンバッジですね。





・ズーちゃん
19980020.jpg






・家族会員(ズーちゃん)
1998000.jpg






・5回来場記念
19980005.jpg






・10回来場記念
19980010.jpg






・15回来場記念
19980015.jpg






1998年:ズーちゃん / 家族会員 / 来場記念


にほんブログ村 コレクションブログ バッジ・ピンバッジへ
にほんブログ村


これで、1998年度のピンバッジ一旦終了の運びとなりました

まだまだこれだけあるんですよねぇ

$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

千葉ロッテピンバッジ706

交換を図々しくも呼び掛けてる。
その呼び掛けに応じてくれた方が1名いらっしゃいました。
ありがとうございます。

交換してもらったモノを今回up

2000年の、
地方主催ゲーム福井/金沢/富山
北陸地方トリプルネーム

他にも数個一緒に交換してもらったんですが、up済みのため今回はこれ1個だけ。

地方主催ゲームやビジター応援デーで配られるモノは、正直どれ持っててもほぼ同じ。
要は、カラバリ違いだけ。たったそんだけ。

一応、地方開催の場所によって大まかにカラー揃えてる感じ。
・福井/金沢は、黄色を基本カラーに、+青
・富山は、青
・秋田は、緑を基本カラーに、+赤
・仙台は、紫を基本カラーに、+青、黄緑、水色

なんか面白味が無くって、一つ持ってればいいような気もすんだけど。。
あっ!すみませんあせる
交換ありがとうございましたm(__)m




・地方 福井/金沢/富山
SANY095.jpg
*7月4日(火)18:20 対ダイエー @福井県営球場 1-9で★ 敗戦投手:清水直
*7月5日(水)18:15 対ダイエー @石川県立野球場 2-0で☆ 勝利投手:竹清
*7月6日(木)18:15 対ダイエー @富山市民球場アルペンスタジアム 8x-7で☆ 勝利投手:藤田



2000年:地方主催ゲーム

千葉ロッテピンバッジ707・708

日本赤十字社とのコラボ 第二段
×

2010年もありました。献血ピンバッジ

今までのと比べて、少し小さめな作りになりますね。

種類は、
①Mロゴ
②CHIBA LOTTE MARINESロゴ
③マーくん
④リーンちゃん

の4種類


全部揃えたければ、4回献血しなければならないので、
体力勝負で貧血必死です。





・Mロゴ
SANY10802.jpg





・CHIBA LOTTE MARINES
SANY10803.jpg





2010年:日本赤十字社千葉県支部×千葉ロッテマリーンズ(献血ピンバッジ)


千葉ロッテピンバッジ709・710・711・712

1997年度のピンバッジをup してきたいと思います。

まずは、初めてビジター球場で配布された、記念すべき ビジターピンバッジ
それと、家族会員限定ピンバッジ(リーンちゃん)

最後は、 どっかで見たような 来場記念ピンバッジ。

銀なら5回、金なら10回の来場記念の系譜はこの年から始まりました。


翌年の1998年は、ペットマーク
1999年は、Mマーク
2000年は、球団旗
2001年は、ユニフォーム
2002年は、ボール
2003年は、マリンスタジアム
2004年は、マーくん
2005年は、リーンちゃん

と、9年間にもわたって続くちょっとしたシリーズピンバッジです。





・ビジター
DSC01610.jpg






・家族会員(リーンちゃん)
000.jpg






・5回来場記念
DSC01609.jpg






・10回来場記念
DSC01608.jpg






1997年:ビジター / 家族会員 / 来場記念

千葉ロッテピンバッジ713

この前、年末だっていうのに うっしーさん と交換してもらう。

その時にちょっとコレクションしてるのも拝見。

色々持ってて、見ていてまぁ面白い。
やっぱり残してる人は残してるもんですね。

交換も今募集中みたいです。



・ビジター福岡ドーム
SANY082.jpg



2000年:ビジター応援デー


にほんブログ村 コレクションブログ バッジ・ピンバッジへ
にほんブログ村


これで2000年で所持してないのが、

地方秋田・仙台8月(紫)

$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

残り2つとなりました。
ここまでくれば残り2つ欲しいなー
持ってる方ご一報を。
そして、優しい心で交換依頼お待ちして下ります(*^o^)乂(^-^*)


$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

千葉ロッテピンバッジ714・715・716・717・718

1997年は、あの小坂選手のルーキーイヤーでもあります。

小坂選手の背番号と言えば【1】が印象的ですが、
最初は、【00】の背番号でプロ野球選手をスタートしています。

この年、新人最多記録の56盗塁をマークし、新人王も獲得。

しかし、56盗塁って・・・

今ではなかなかこの記録を上回るのは難しい記録だと思いますね。


小坂選手は、正直長打力はそれほどではないですが、小柄で足が速くとにかく守備が巧い選手。
そんな選手の個性が、ピンバッジにも反映されて、
「守」→「走(盗塁)」→「打(小技)」の流れで、1998年1999年のピンバッジにデザイン化されています。





・00.小坂誠
DSC199700.jpg






・0.諸積兼司
DSC19970.jpg






・1.南渕時高
DSC19971.jpg






・2.サブロー
DSC19972.jpg






・5.堀幸一
DSC19975.jpg






1997年:選手(1)

千葉ロッテピンバッジ719・720・721・722・723

ひきつづき1997年度のピンバッジ5個up

今回upする中で、五十嵐選手は、記憶・記録に残る選手でした。

1つ目は、【全ポジション出場】
なかなかこんな記録をつくることなんてそうそう出来ないのですが、

更に、【全打順先発出場】 なんていう記録もつくり

更に更に、【全打順本塁打】 というとてつもない記録保持者。


しかも通算26本しかホームランを打っていないのに、こういった記録をつくれるなんて
そうとう 【持ってる】 選手でしたね。
(+全ポジション出場した時の映像は、 こ こ 。貴重ですね)





・6.初芝清
DSC19976.jpg






・8.清水将海
DSC19978.jpg






・9.五十嵐章人
DSC19979.jpg






・14.小宮山悟
DSC199714.jpg






・19.成本年秀
DSC199719.jpg






1997年:選手(2)

千葉ロッテピンバッジ724・725・726・727・728

更に続きまして、1997年度のピンバッジ 5個up

今回upする5個の中で、印象的な選手はキャリオン選手

素行が悪く、ちょっと日本人を舐めたような感じの選手でした。
この年来日し、打率.279 打点77 HR14 
という成績を収め、チーム内三冠王を獲得。


ピンバッジデザインのほうもけっこうお気に入りの一つです。
ボールが派手(アメリカンなテイスト)に飛んでいく様が良いですし、形もちょっと変わった形で好きですね。





・20.薮田安彦
DSC199720.jpg






・21.平井光親
DSC199721.jpg






・27.河本育之
DSC199727.jpg






・28.園川一美
DSC199728.jpg






・45.マーク・キャリオン
DSC199745.jpg






1997年:選手(3)

千葉ロッテピンバッジ729・730・731・732

1997年度のピンバッジも、この4つで終了となります。
全23種類 ですと、あっという間に終わりますね。

最後は自分好みの選手が揃いました。

ピンバッジのデザインでも地元推しする、立川選手と大村巌選手

そして黒木選手。今回のピンバッジには【ジョニー】と明記
ジョニーも全国区になった証拠です。

そして、元中日の仁村徹選手

仁村選手は中日時代からけっこう好みの選手でした。
(今でもなんとなくですが、中日時代の応援歌も微妙に覚えています)
また仁村選手は、珍しく兄弟でプレーしてた選手でもあります。

ちょっと地味な印象の選手でしたが、ここぞという時に打つチャンスに強い選手だったと思います。





・51.仁村徹
DSC199751.jpg






・52.立川隆史
DSC199752.jpg






・54.黒木知宏
DSC199754.jpg






・55.大村巌
DSC199755.jpg






1997年:選手(4)


にほんブログ村 コレクションブログ バッジ・ピンバッジへ
にほんブログ村


1997年度のピンバッジで
公式ではないのですが、一応こういうのもあるみたいです。

【ボールパークウィークエンド】
$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

詳しくわ ココ参照
プロフィール

shiberiya a.k.aマリ☆ピン

Author:shiberiya a.k.aマリ☆ピン
書庫
集めてみて書いてみたから、
ココに保存。

掲載中の写真は無断転載禁止。SNS使用等もご遠慮下さい。
写真使用の場合はPCモードからメールフォームよりご連絡を。

カテゴリ/月別は古い順に閲覧。
検索フォームはブログ内設定。
ごく稀に更新

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。