スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉ロッテピンバッジ74

2006年度ピンバッジ 【西岡 剛】 up

西岡選手といえば、足のイメージもありますので、
打つ+走る このポージングはベストな気がしています。



DSC05858.jpg
*8月4日配布



2006年:西岡 剛

スポンサーサイト

ネット交換会(2)

blog_import_4f19aa0176a5c.jpg

blog_import_4f19aa02df6a9.jpg

blog_import_4f19aa040b8b6.jpg


千葉ロッテピンバッジ75・76・77

2011年度のピンバッジをupしていこうかと思います。

まずは、今年からはじまりました 【プレミアムゴールド会員限定ピンバッジ】


この手のモノは、自分には どうにもならない難解なピンバッジです。
運よく交換してくれる方がいまして、感謝の一言に尽きます。

デザイン的には、何年か前の開幕フラッグみたいなカモメが羽ばたいているデザインになっています。
また2011年という年号が入っていますので、今年限定なピンバッジなはずです。
だとするなら、来年以降も継続して配布されるのは予想できます。

もう勘弁してほしいという気持ち半分。
また来年も新たなプレミアムゴールドピンバッジが出る楽しみ半分。
ちょっと複雑な気分です。




・プレミアムゴールド会員限定ピンバッジ
DSC06589.jpg






そして、2011年度の入会記念ピンバッジ 2個up

TEAM26 ができてから早6年目になりました。

このピンバッジはあくまでも継続で入会した方のみ頂けるピンバッジになります。
(☆の数が継続した入会年数を表示)
なので、ずーっと6年間入会し続けなければこのピンバッジは頂けないというがポイントです。

早期入会記念ピンバッジは、千葉県をかたどったものが登場となりました。
今までなかったデザインのピンバッジで、千葉県好きな自分としてはお気に入りのピンバッジです。
このピンバッジを眺めてると、ただの千葉県の形なんですが、
ちーばくんにしか見えなくなってくるんですよね。





・早期入会記念
DSC06590.jpg






・継続入会6年目
DSC06591.jpg






2011年:入会記念


千葉ロッテピンバッジ78

2006年度ピンバッジ 【15回来場記念】 up

15回目はマーくんになります。

8月9日生まれの永遠の5歳

5歳って言っても、あくまでも鳥年齢ですので、
人年齢に直せば×5倍=25歳ぐらい。
もうそろそろ、リーンちゃんとの結婚なんていう展開もありですね。


昨今の婚活ブームにも乗っかり、色々フィールド内・ステージ上で活動はしてみるものの、
結局リーンちゃんのもとへ→ステージ上でプロポーズ。
2011年久々千葉でオールスターが開催される日に、
各球団のマスコット勢揃いの中QVCフィールド内で結婚式の運びとなりました。


結婚後も、仲は今までどおり良く、ファンサービスに勤めてましたが
たまたまビジター応援デーで訪れた福岡で、
マーくんが共食いとも思える水炊きを美味しそうに食べてる姿を、リーンちゃんに見られてしまい関係悪化。

色々話し合ってはみたものの、修復は図れずに別居の運びとなる。
勿論QVC内でも1塁側にマーくん。3塁側にリーンちゃんと。お互い目も合わせない険悪化状態に。
周りにいるズーちゃんにCOOLも気を使いまくり。

フィールドの雰囲気も悪化の一途をたどってしまい、一時離婚も考えたのですが、
ズーちゃんとCOOLが気を使い食事会を開き、ふとしたきっかけで関係修復。


1年後
第一子マリフィーちゃん(メス)が産まれる。
当初産まれてからは、リーンちゃんがおんぶしてファンサービスに勤しんだが、
子育ては、妻だけではなく男側もやるんだという姿勢を見せ、サラリーマンデーの時は、マーくんがおんぶして応援に勤しんだ・・・

なんて妄想をしてみました。



DSC05883.jpg



2006年:15回来場記念

千葉ロッテピンバッジ79

2006年度ピンバッジ 【ベニー選手】 up

愛嬌のある顔つき・体系
思い出に残ってる助っ人外国人の一人です。

流石に顔つきまでは解りませんが、ふっくらした体形はデザインされています。



DSC05877.jpg
*8月6日配布



2006年:ベニー

千葉ロッテピンバッジ80

2006年度ピンバッジ 【小林 宏之投手】 up

コバヒロのちょっと上体が高いフォームがデザインされています。



DSC05876.jpg
*8月15日配布



2006年:小林 宏之

千葉ロッテピンバッジ81

2006年度ピンバッジ 【小野 晋吾投手】 up

真横からでも無い、真正面からでも無い
ちょっとハス向かいからの投げ終わり構図はちょっと新鮮なピンバッジとなっています。



DSC05870.jpg
*8月16日配布



2006年:小野 晋吾

千葉ロッテピンバッジ82

2006年度ピンバッジ 【マット・フランコ】 up

あの独特で豪快なバッティングフォーム全体がデザインされています。



DSC05856.jpg
*8月17日配布



2006年:マット・フランコ

千葉ロッテピンバッジ83

2006年度ピンバッジ 【藤田 宗一投手】 up

投球フォーム全体がデザインされてなく、腰の部分までの上半身だけってのは
ちょっと残念な造りのピンバッジだと思います。



DSC05861.jpg
*8月18日配布



2006年:藤田 宗一

千葉ロッテピンバッジ84

2006年度ピンバッジ 【久保 康友投手】 up

2005年度新人王の久保投手
初の単独ピンバッジ化です。

細身の体形で力いっぱい投げ込む姿がこのピンバッジにも映し出されています。



DSC05863.jpg
*8月29日配布



2006年:久保 康友

千葉ロッテピンバッジ85

2006年度ピンバッジ 【渡辺 俊介】 up

この俊介投手のピンバッジは、良く投げ方の特長をとらえていて好きですね。



DSC05873.jpg
*9月5日配布



2006年:渡辺 俊介

千葉ロッテピンバッジ86

2006年度ピンバッジ 【橋本 将捕手】 up

キャッチャーで左バッター。そして豪快なバッティング。
そんな橋本選手は、バッティングフォームのデザインとなりました。



DSC05874.jpg
*9月6日配布



2006年:橋本 将

千葉ロッテピンバッジ87

2006年度ピンバッジ 【堀 幸一選手】 up

得意な右打ちでは無く左方向へ飛んだであろう打球を目で追う堀選手
ってのは少し残念なピンバッジですね。



DSC05857.jpg
*9月11日配布



2006年:堀 幸一

千葉ロッテピンバッジ88

2006年度ピンバッジ 【大塚 明選手】 up

守備が巧くチャンスにも強い大塚選手のバッティングがココに再現



DSC05871.jpg
*9月12日配布



2006年:大塚 明

千葉ロッテピンバッジ89

2006年度ピンバッジ 【諸積 兼司選手】 up

残念ですがこの年で引退となってしまいました。
引退試合は現地に観戦しに行き、どんだけ紙吹雪作っていたの?ってぐらいに紙吹雪が空に舞ってましたね。

現役を退いた後は、
2007年には二軍のバント兼外野守備走塁コーチ
2008年~2009年は、一軍バント兼一塁ベースコーチ
2010年は外野守備走塁コーチ
2011年からは編成担当

と、ずっとマリーンズ球団にいて裏で活躍をしています。



DSC05853.jpg
*9月18日配布



2006年:諸積 兼司

千葉ロッテピンバッジ90

2006年度ピンバッジ 【黒木 知宏投手】 up


千葉ロッテマリーンズを応援するようになった、きっかけの選手の一人。

こういうブログを書いてますと、モノへの執着やらコレクション癖があるように見られがちですが、
そういうわけでは無く、飽きっぽく要らないモノはすぐに捨ててしまい保存などは滅多にしないのですが、
どうしても捨てられずに未だ残っているモノがあります。


$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう


黒木投手が先発。マリンで久しぶりの勝ち投手になりプレーオフ進出が決定になった試合のチケット。
(ちなみに、この日は混んでて、ファンクラブのチケットの列諦めて、一般の列で購入しました)

引退試合も観戦しに行ったのですが、その日のチケットなんてのは手元にもう無いですが、
なんかこのチケットだけは捨てられずに、今に至っています。



DSC05878.jpg
*9月19日配布



2006年:黒木 知宏

千葉ロッテピンバッジ91

2006年度ピンバッジ 【小宮山 悟投手】 up

]前に、鹿島スタジアムまで 鹿島アントラーズ対ジェフ千葉の試合を観に行きました。
試合開始まで時間があったので、
鹿島神宮や、アントラーズの練習場に行ってみました。

鹿島アントラーズの練習場は立派でした。
クラブハウスと隣接してて、レストランやグッズショップもあり施設として充実してました。

練習場に着いた時には、アントラーズの選手練習も終わってて見ることは出来なかったんですが、
選手がでてくる出入口の所には、けっこうな人数のファンの方がいました。そしてやたらと女子が多かった。
物珍しげに出入口まで行ってみると、「ウッチーの車がある」とか「ウッチー早く出て来ないかな」と女子のファンが何やら喋ってました。
その日は、ウッチー累積かなにかで、ジェフ戦には出場出来なく、変わりに今練習場に来てるっぽい話。

そんな話を聞いたウッチー好きな友人はは、「ウッチーに会えるの!?」と浮かれだし始めると、女子達がキャーキャー騒ぎだしました。

ウッチー登場
$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう
$ジェフ千葉ロッテでどうでしょう

うわ!男の俺が見てもウッチーカッコいいじゃないのさ。
なんだかテンション上がってきて「ウッチーウッチー」って呼んで握手してもらった。
友人にも握手してもらいなって言うと、なんだかモジモジしてて声をかけられないでいる。
どうにかこうにか握手だけしてもらったんだけど。
相方曰く「ウッチー実際に目の前に来たらドキドキして声かけられなかった」と。
憧れの人に会うとこうなるもんなんですかね。


数ヵ月後

船橋のららぽーとで買い物してると、
前からスーツ姿のデッカイ男が館内図を手に持ち、どこかの店舗を探していた。
何気に顔見ると、小宮山悟。
突然過ぎて、声かけたいけどなんか声かけられなかった。

ただただ小宮山がイワキメガネに入ってく姿しか追えませんでしたとさ。


DSC05862.jpg
*9月23日配布



2006年:小宮山 悟

プロフィール

shiberiya a.k.aマリ☆ピン

Author:shiberiya a.k.aマリ☆ピン
書庫
集めてみて書いてみたから、
ココに保存。

掲載中の写真は無断転載禁止。SNS使用等もご遠慮下さい。
写真使用の場合はPCモードからメールフォームよりご連絡を。

カテゴリ/月別は古い順に閲覧。
検索フォームはブログ内設定。
ごく稀に更新

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。